近藤大理's Gallery
絵手紙、始めてみませんか。
生徒さん常時募集中です。

出張教室のご相談も、
お受けしています。

お気軽にお問い合せください。
2012.10.12
みどり絵画教室
初心者からはじめる絵を描くよろこび、知っていく楽しみ。
水彩画、鉛筆画、色鉛筆、アクリル、パステル画、画材は何でもOK!
●日時:毎月第2・第4火曜日 9時〜12時
●場所:横浜市 十日市場地区センター
        (神奈川県横浜市緑区十日市場町808-3 TEL/045-981-9573)
        地区センターホームページはここをクリック
●会費:1000円(1回)
鉛筆・色鉛筆・水彩絵の具等、ご自身の使いやすい画材と、
描きたいもの(花、野菜、写真など)を各自ご用意ください。
ご参加のお申し込みは、会場となる地区センターまでお願いします。
見学も常時受け付けています。
  
2012.10.12
ちょっと先生日曜リレー講座 「絵手紙で遊ぼう」
絵手紙を楽しみたい方、デッサンやスケッチを描いてみたい方、
お気軽にご参加ください!
●日時:2012年10月28日(日)13時〜15時
●会場:横浜市 緑区市民活動支援センター(みどりーむ)
        (神奈川県横浜市緑区寺山町100-1)
        みどりーむ ホームページはここをクリック
●材料費:600円
お問い合わせは、会場となるみどりーむ(TEL/045-938-0631)
または、このホームページのお問い合わせから直接、
講師:近藤大理までお願いします。
  
子供サークルのご報告
2012年8月21日、横浜のみどりーむにて、小学1年から6年生を対象に、
恒例の「アニメ、マンガのキャラクターを描こう」講座を開催しました。
  
やさしの仏画 絵てがみ
絵手紙をプロに学びながら、個性的なものを描きましょう。
一回目は題材がありますが、2〜5回はご自分が書いてみたい絵に
挑戦していきます。
●日時:5月1日・15日 6月5日・19日 7月3日(火)
        午前10時〜11時40分
●場所:横浜市緑区 十日市場地区センター (TEL/045-981-9573)
●定員:16名
●参加費:2500円
画材は、鉛筆・色鉛筆・水彩絵の具等、ご自身の使いやすいものを
各自ご用意ください。
ご参加のお申し込みは、会場となる地区センターまでお願いします。
  



教室風景:色の作り方、形の取り方、筆運びなど、基礎から楽しく学べます。
出張絵手紙教室 at ツクイ三保
横浜市緑区でデイサービスを提供しているツクイ三保にて、
利用者の皆様向けに、定期的な出張絵手紙教室を行うことになりました。
●日時:毎週月曜日 15時30分〜16時30分
●場所:ツクイ三保(デイサービス・センター)
        (神奈川県横浜市緑区三保町3016-6)
        ツクイ三保ホームページ
お問い合わせは、ツクイ三保(TEL/045-929-2207)
または、このホームページのお問い合わせから直接、
講師:近藤大理までお願いします。
日曜リレー講座「絵手紙で遊ぼう」のご案内
●日時:2012年5月27日(日)13時〜15時
●会場:横浜市 緑区市民活動支援センター(みどりーむ)
        (神奈川県横浜市緑区寺山町100-1)
        http://www.city.yokohama.lg.jp/midori/70shisetu/71midream/
●材料費:600円
 
絵手紙やスケッチ、デッサンをサラサラと描けるようになりたい方、
是非お気軽にご参加ください。
お問い合わせは、会場となるみどりーむ(TEL/045-938-0631)
または、このホームページのお問い合わせから直接、
講師:近藤大理までお願いします。
絵画講座「絵を描こう!なんでもOK」のご案内
2012年4月、子供から大人まで楽しめる絵の教室をスタートします。
 
●日時:2012年4月から、8月・1月・3月を除く毎月第3水曜日 15時〜18時
●場所:横浜市緑区 十日市場地区センター 会議室
●参加費:100円
 
描きたいものを、好きな画材で描いてみましょう。
分からないこと、迷う部分について、近藤大理がアドバイスします。
普段お使いの画材(絵の具・色鉛筆・クレヨン・クレパスなど)をご持参ください。
お問い合わせは、会場となる地区センターまでお願いします。(TEL/045-981-9573)
絵手紙教室風景
横浜市緑区 市民活動支援センター(みどりーむ)にて。
日曜リレー講座の「絵手紙デッサン教室」の様子です。



子供サークル
横浜の“みどりーむ”にて、「アニメのキャラを描くコツを教えます」という
小学1年から6年生を対象にした子供サークルの様子です。
時間は4時間。ぼくは合間をぬってNARUTOを1枚仕上げました。
子供たちも、大好きなキャラを紙いっぱいに描いて、大喜びです。